静岡県の教育委員会が
以下のような入試結果にたいするデータを公表しました。

https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-050a/documents/r2houkoku.pdf

入試結果の正答率や分布表などは
初めてのことなので
一昨年との比較などはできません。


ただ分布表をみると
英数は
いわゆる山が二つある
「二極化」傾向をみることができます。

通常の分布では
山がひとつになり一番多いのが「普通の子」
となることが多い。
他方で山が二つある場合というのは
「できる子」と「できない子」が一番多い
ということです。


英数で
しっかりついていくこと

それが中学生の一つの課題である
今回のデータからそういえると思います。


自分事ととらえて
しっかり指導していきます。



稲田でした