こんにちは。社会の晶子です。

今の時期は稲田先生も言っていたとおり,「春の個別月間」です。

今年度の個別月間は私にとっては本当に嬉しいところで,本当に久々に社会の個別授業があります。
(中3のみですが……)

通塾曜日や校舎にいる先生の関係で,社会の個別授業はここのところほとんどありませんでした。

今の中3を個別授業で見るのは初めての子ばかりです。

集団の授業だとなかなか見えない部分の苦手や間違いを間近で見てあげられるのは,皆さんにとっても私にとってもプラスです。


社会は通常授業でも,理社確認テストでも,個別授業でも,今の時期はいろいろなパターンで一問一答形式の問題を中心に取り組んでもらっています。

一見,同じような問題で退屈に思えるかもしれませんが, 
同じ答えの問題なのに,前回覚えたと思ったところが解けていなかった
という部分はかなり出てきます。

社会は「とにかく覚える」という部分が大きい教科ですから,問題を解く→忘れるきる前にもう一回解くを繰り返してください。
1年前・2年前の内容まで立ち返ってそれができる数少ない期間が今です。


たくさん桐光に来てください。


晶子でした。