「個別授業がしたいです」

今回は
生徒からでた言葉ではありません。
保護者の方からでた言葉でもありません。

数学の影山センセイからでた言葉です。



先日
「今日の教師の配置的に余裕がある」
「これは個別授業ができる」
それを目ざとくみつけて

「昨日の授業で分かってない感じだったから
 個別で見てあげたい」
そう私に言ってきてくれました。


各教科のセンセイは
点数をとらせる責任があります。
そして
点数をとらせてあげたいという
強い思いがあります。



なんでもやれるわけではありませんが
やれることならなんでもやります。



稲田でした