「ズバトコ三冊目」

なんて記事を
先日書きました。


少なくとも私の理科についてですが
ズバトコの状況とテストの点数は
かなり相関があります。

つまりたくさん終わっているほど
テストの点数がいい。


当たり前のコトにも見えますが
「スピード=点数」とは言いきれないのでは
という疑問も残りますよね。



点がとれる
根拠は三つあります。

その1
はやく解けるということは
結果たくさんの問題が解ける。
みなさんが想像する
当たり前の理由ですね。

その2
はやく解ける理由は
すでに習熟がすすんでいるからです。
学校・桐光の授業をしっかり聞けており
日々の宿題での演習の質も高いといえる。

その3
これがみなさんが気付きにくい点ですが
はやく解ける理由は習熟度だけではなく
テストにかける思いが強いからです。
一問でも多く解こうと覇気は
見ていると明らかにわかります。




どの学年
どのクラスでも



スバトコ終わりました。




この言葉が出てくるか
誰から出てくるか


いつも気にしています。


稲田でした