少し前から始まっている中学1年生の個別授業。

毎回3~4人の規模でそれぞれの進度に合わせて授業を進めています。

英語のこの時期の個別はというと
ローマ字・アルファベットの練習が中心です。

ローマ字は小学校の時に習った表記方法とは
少し異なるところが出てくるので
それを覚えることから始まります。

少し気を抜いてしまうと

「”すし”って書こうとしたら”しゅし”になってた」

「あ!”ひつじ”が”ひちゅじ”になっちゃった」

「”ぼっちゃん”って読んだはずが”ぽっちゃん”に…」

なんてことは今の時期はよくある話。

間違ったのに
いつもは真剣な表情で授業を聞いている生徒も
不思議とニヤッとしてしまいます。


中学からの勉強、難しそうだなぁ…と今から後ずさりしてはもったいないです。

特に英語は「読めない」「書けない」「理解できない」の恐怖から
どんどん苦手な子が増えてしまうもの。

だからこそ、この時期は「楽しむ」こともしてほしい。


もちろん、しっかり演習もやっていきます。

IMG_0529






コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット