IMG_1091IMG_1105

週末の実力確認テストにむけ
先週の中1・2の理科では
こんな話をしました。



今回のテストで
理科は100%テキストから出す。
しかも範囲も非常に狭い。

絶対に最初から合格すること。
勉強せずに来た子は許さないからね。




先日の記事でも
「実力テストは勉強をしてくるもの」
と書きました。

もちろんこの言葉は
本人たちにもかけています。


それでも実際に勉強してきたかは
非常にぼやけてしまう。



「守れない指示」

そして

「守れたか確認できない指示」


これはプロの塾の教師としては
できる限りしてはいけない。

中3でもない限りは
「努力目標」
はかかげるべきではないんです。



「テスト勉強をしてくる」

校舎長として
この指示を守らせるために

確実に勉強して来られる量を
確実に確認できるよう「合格」というラインを示し
設定しました。


もちろん
理科のセンセイとしては
もっと範囲も広く
難易度も高い問題を出したかったな
という思いもあるのですが。



稲田でした