この写真をご覧ください。

ひとまず本部 (1)

英語の相馬先生の本部校での勇姿


ではなくて

本部校の教室の黒板の上にある格言です。
目に入った人も多いと思います。

「人の話は目で聞く」



同じく他校舎の北浜校
こちらで掲げられた格言は

「授業中,教師と視線をあわせれば+5点」



話をちゃんと聞くことは大事
もちろん分かっているとは思いますが
みなさんが思っているよりはるかに大事

窓の外を見ていることは論外ですが
「先生の話を聞いてる暇があったら
 問題を解いてる方がいい」
なんて子もいます。

断言します。そんなことは無い。
聞き流して話が理解できるほど君たちは賢くないし
聞き流せるほど簡単な話はしていない。

そういう悪いクセが直って成績が上がっていく子を
何人も見てきています。




ですから私たちは、授業中

「じゃあ手を止めて。顔上げて。」

この言葉はかなり大事にしています。
この言葉が使えない教師はいません。


ではみなさん
学校でもできていますか。

学校でちゃんと行うことで
「点数が上がり」ついでに
「内申も上がります」

ちゃんとできていますか。





ちなみに教室の前に立って
話をしたことがありますか。

みんなが前を向いているかどうか
目があっているかどうかって
めちゃめちゃ気になりますよ。





稲田でした