せっかく書いているんだから
多くの人に見てもらいたい

どうしたら
多くの人に見てもらえるだろう


実は
いつもそんなことを考えながら
ブログを書いています



いつも
「稲田でした」

じゃつまんないかなと思い
鈴木晶子先生にも
登場してもらいました



さらに

パソコンで
どんな記事が人気があるのかが
わかるのですが

最近のダントツ一番人気は
先生プロフィール その後
という記事でした

どういう記事かというと
私が描いた「桜木花道」
が載っている記事です


というわけで
今回は

20140621200052_00001
翔陽くん


さあ
みんなで
どんなに高い壁だって
乗り越えていこう


稲田でした