天竜校ブログ

本年度から私は理科に加えて
英語も担当することになりました。

その結果
ほぼ毎日天竜校に入ることが
できることになりました。

昨年も一昨年も
塾の本分としての
みんなの点数UPは
全力でやってきましたが
この春もうひとつの目標を
たてていました。

それは
塾生,そして保護者のみなさまとの
コミュニケーションのUP
距離を近づけるということです。

そのため今月は
保護者さまたちにできる限りメールしつつ
校舎では多くの生徒と会話するよう
つとめてきました。

その集大成というわけではありませんが



「最近、稲田先生と仲良くなったと話してくれました(^ ^) 」



保護者さまからいただいたメールに
こんな一文がありました。

とても
嬉しい言葉でした。



塾は遊びにくるところでもなく
私たちは友達でもありません。

それでも
これも大事なコトだと
考えています。


稲田でした

こんにちは。社会の晶子です。

今の時期は稲田先生も言っていたとおり,「春の個別月間」です。

今年度の個別月間は私にとっては本当に嬉しいところで,本当に久々に社会の個別授業があります。
(中3のみですが……)

通塾曜日や校舎にいる先生の関係で,社会の個別授業はここのところほとんどありませんでした。

今の中3を個別授業で見るのは初めての子ばかりです。

集団の授業だとなかなか見えない部分の苦手や間違いを間近で見てあげられるのは,皆さんにとっても私にとってもプラスです。


社会は通常授業でも,理社確認テストでも,個別授業でも,今の時期はいろいろなパターンで一問一答形式の問題を中心に取り組んでもらっています。

一見,同じような問題で退屈に思えるかもしれませんが, 
同じ答えの問題なのに,前回覚えたと思ったところが解けていなかった
という部分はかなり出てきます。

社会は「とにかく覚える」という部分が大きい教科ですから,問題を解く→忘れるきる前にもう一回解くを繰り返してください。
1年前・2年前の内容まで立ち返ってそれができる数少ない期間が今です。


たくさん桐光に来てください。


晶子でした。

現高3高2と
卒業生が顔をだしてくれましたが

先日は高4!
というか社会人と学生コンビ。

DSC_0001
私の天竜校舎長一年目の卒業生
すっかり大人になってしまった彼女たち

正直少しひいちゃいました。


やっぱりちょっとしか
話はできなかったですが

何より会えたことが嬉しかった。
ありがとう。



稲田でした



内申点に関して
ある数字を出します。

以下の数字は
新中3の今回の内申点
(中2の3学期の内申点)
の平均と

昨年度卒業生の
中3の2学期の内申点
(高校にいく内申点)
の平均との差です。
無題gdsg
5教科の平均では勝っているが
実技4教科では負けている。




一昨年の卒業生の
同じく中3の2学期の内申点と比べても
dgadj
実技4教科が圧倒的に負けている。



もちろん
現中3は中2の時点で5教科の内申は
卒業生たちに負けない数字をとっている
という点は素晴らしい。



みんなの
課題はわかりましたね。





稲田でした

DSC_0004

先日の授業後
遅い時間に卒業生がまた
顔を出してくれました。

こちらは高2。
先日までの高3たちと違い
ここから大事な1年にむかう
不安と迷いがたっぷりの彼。


高校の話に加えて
同級生の話
進路に話
弟の話。

いろいろ聞けました。



高3組が見せてくれた
笑顔での報告。

それを期待しています。



稲田でした

春の個別月間がスタートして
4週目になります。

この4週目で
全員2回は受講できています。
多い子は3回以上の子もいます。

さらに実力UP講習などもあるので
「週3以上桐光」
が基本形になってきたと思います。


毎日桐光


受験生の話題で
私がよく使う言葉ですが
その第一歩といえます。

当たりまえのことですが
この習慣

伸びますよ



稲田でした

fsafa

以前の記事で
ご報告させていただきましたが
今回天竜校では卒業生が
全員合格を達成しました。

二年連続での
この快挙は本当に素晴らしいことで
何より誰も悲しませることを
しないですんだことが
本当に嬉しかったです。


実は2年連続に加えてもうひとつの
「2」があったのですが

本年度天竜と同時に指導していた
本部校も全員合格を達成しました。

私の関わった生徒が
全員合格したということです。



本年度の
浜松磐田の公立高校は
総合すると合格率は90%くらい。

高そうにみえますが
10人いれば1人
50人いれば5人くらいが
不合格になってしまう確率です。

私が関わった受験生は
それ以上の人数がいます。

数字で
確率で考えても
やはり素晴らしい結果といえます。


ダブルから
トリプルへ

次もがんばります。


稲田でした

2019春の実力アップ時間割.xlsx1 - コピー


春期講習真っ只中。
塾生のみなさんは実力UP講習もあります。

加えて個別月間も続いていますので
春休みどんどん力をつけていきましょう。


稲田でした

昨日校舎で三者面談の予定だったので
呼び鈴がなり
「こんにちは~」
「ありがとうございま~す」
なんて挨拶しながらむかうと

DSC_0211
一昨日に続いて卒業生!
保護者と中学生かと勘違いしてしまい
挨拶しちゃいました。


一昨日と違い
直後に三者面談の予定があったため
ほんの少ししか話できませんでしたが
ひとりは後期日程で
まさに一昨日進路が決まったところ!


おめでとう
がんばってよ。




センパイたち
明るい未来にむかって
突っ走ってます。



稲田でした

あたたかくなってきた

みなさん感じられている
ところだと思います。


私はそんな春の訪れ
あたたかいかどうかの指標が
私にはあります。
「授業中上着を脱いだかどうか」
これが私にとっての春一番です。


気温が上がってきたことに加えて
春期講習でのみんなのテンションも上がり
私のテンションも上がる。


アツイ春がやってきました。

昨日も卒業生が
顔をだしてくれました。

現高3と高1の
仲良し従姉妹。


高3の彼女は進路が決まり
もう引越しだということで
最後の挨拶に来てくれました。

気を利かして
ゆっくりできる時間に来てくれたので
いろんな話を聞けました。

本当にいろいろ教えてもらいましたが
一番勉強になったのは
市立の生徒は「市立」とは言わない
「浜市」と呼ぶことです。

みなさん知ってました?



DSC_0216
是非写真を使って下さい
そう言ってくれたので使わせてもらいます。



大学生活は
私とが大学生活を送ったのと同じ県。

ブイブイいわして来てください。



稲田でした

今週から桐光では
「裏貼り」もスタートしています。


「裏貼り」?


以前も書いたことがあるので
分かる人は分かる言葉ですが


5ff19c84-s
テキストの裏に
宿題チェック欄を貼ることを
裏貼りと呼びます。

本日も
思いを込めて貼りました。


宿題忘れませんように
宿題をする習慣がつきますように




稲田でした

春期ポスター 画像

本日より春期講習がスタートします。

ピカピカの新しいテキスト
教室には見慣れない友達

塾生のみんなも
新しい空気の中で授業が受けられる
講習中の魅力はそこにあります。

私たちも
その新鮮さからいつも以上に力が入り
どんな子たちだろうと楽しい気持ちで
授業をすることができます。


講習のスタート
そして新学年のスタートです。


いつもと違う気持ちで
スタートしていきましょう。



稲田でした




先週の金曜日
今週の月曜日と

桐光の教師の体調不良が
多発しています。


そういうことです。
合格発表が終わり
緊張の糸が切れてしまったからです。


発表当日の木曜日が一番顕著で
本部の事務室では
多くの先生がぐったりしていました。


みんなの合格のため
こんなところでは休めない
そういう思いで
私たちはがんばってきました。



かくいう私も
木曜日は本当にきつかったです。

金曜日には
元気に校舎にむかえていましたが。




稲田でした

春期チラシ裏

木曜日よりスタートします。
小学生はほぼ満席ですが
中学生はまだお席があります。

新学年のスタート
お気持ちがあれば是非ご連絡ください。



公立の入試が終わりました。
その結果
合否に関しての数字が
分かることになります。

そして
新中3にむかって
新たな数字を出していきたい
という状況にもなっています。


この入試後
「いつか」では後手になってしまうので
多くの数字を精査しました。

桐光全体の進路指導のために
3つの数字を
天竜校のために
2つの数字を一覧にしました。


天竜のための数字のひとつは
すぐに出していきます。

みんなが前を向くための
目標にむかってがんばるための数字です。


冷たい数字ではなく
思いを込めたアツイ数字です。


稲田でした。