天竜校ブログ

IMG_20151227_130859

昨日も中3講習

私の授業としては
本年度最後の授業


もちろん授業の終わりには
年末年始の心がけの話をしました



最低でも60時間


これを最低目標としました




今年最後の授業ですから
もちろんこの言葉で締めました



よいお年を



中3にとっての
よい年始とは



考えて過ごしましょう



稲田でした 

もうちょっと撮っていたので
こちらも


IMG_20151225_151525

かわいげのない男子



IMG_20151225_151926

かわいげのある女子


IMG_20151227_145104

 お休みしてた
みんな


IMG_20151227_145127

みんなで
合格するぞ~ 

稲田でした 

やれることはなんでもやる
 これが桐光のやりかたです

今週は冬期講習を行っていますが
講習生にも個別授業を体験してもらいました

securedownload[1] (2)
securedownload[2]
 
細かく教えてもらいえる
個別授業が桐光にはあります


やれることはなんだってやる

集団授業に
個別授業
自習室だってあります


なんだってあります
桐光には



稲田でした
 

IMG_20151225_133103
IMG_20151225_133048

テストで
点数を取らせること

これが私たちの仕事です


そのために 
授業中ちゃんと勉強させること
家庭でもしっかり勉強させること

これも私たちの仕事です



成績をあげること
合格させること

これも仕事の延長にあることです 




よって
ここからは
仕事ではなく
私の趣味です 








IMG_20151225_151707


イエーイ




講習後の貴重な10分を
みんなからもらいました



学校のクラスや部活に負けたくない
こういう写真を撮りたいんです

塾で過ごしたこの時間も
いつかのいい思い出になって欲しいんです

 
IMG_20151225_151731

みんなで

合格するぞ~ 


稲田でした 

メリークリスマス

city-66453_640


今日はクリスマス



授業と課題しか
プレゼントするものがない私たちですが

みんなのもとには
サンタさんはきたのかな



では
今から講習です


稲田でした
 

今中3生は
進路面談の真っ最中

先日の面談で
兄弟で国語が非常に得意なご家庭に

やはり本はよく読んでましたかと聞くと
ちいさなころからよく読んでいたとのこと


何より伸ばすのが大変な国語力
やっぱり本ですかね


IMG_20151222_191346

桐光の休憩所には本がいっぱい

送迎を待つ小学生は
思い思いの本を読んでます


しかも
各校舎で交換するので
毎月どんどん本が入れ替わります


次の本を
お楽しみに


稲田でした
 

1日何時間勉強したらいいのか
1週間で何時間勉強したらいいのか

中学生の疑問
第1位かもしれません



その疑問の答えではないかもしれませんが

中学生は何時間勉強できるのか

をお答えしたいと思います


桐光学院全校舎で
最も勉強しているといえる校舎
北浜校のブログをみてください

北浜校

トップの子も大事ですが
平均的な子をみてください
そのすごさがわかりますね


中学生はここまでやれます



天竜校のみんなはどうでしょうか
毎日書いているあの紙を見直してください

前回の記事



稲田でした
 

IMG_20151222_182154
6時半の教室


何度かお話しましたが
中3はテストタイムとして7:10から来ています

そう
授業の最初は「テスト」から始まります

そのテストの勉強のため
6時半には中3が来はじめます


7時前には
どんどん集まってきます

自分たちで
考えて動けてます


受験生だね


稲田でした

Microsoft Word - 漢検掲示21

漢字検定の受付が終了しました
おかげさまで
強化中の小6生は
ほとんどの子が受験します

受験者を募るだけなら
ただの塾


桐光は
全員合格させることを
第一目標にしています

そのための課題は出していますし
年明けにはどんどんテストをしていきます


ちなみに
前回は小学生全員合格
達成してますからね


稲田でした 

IMG_20151221_195359

昨日は講習初日

いつもはいない仲間
いつもとは違うテキスト


フレッシュな空気で学習できることは
みんなにとってもとってもプラス

はりきっていきましょう


稲田でした
 

6GjFps

本日より講習が始まります
今週からの塾生の授業も
定着度・学調にむけた勉強になります

こういう復習は
自分の足りないところを見つけることになります
それは時として苦痛を伴います

自分と向き合う冬にしましょう


稲田でした