2017年09月22日

テスト結果 中3 その2

+59 +57 +49 +42 +42
+42 +41 +38 +36 +36


これは
夏の始まりに受けた学調模試から
今回9月の学調で上がった点数の上位10名です。

秋からの新入塾の中3は学調模試を受けていませんが
受験した塾生の7割が30点以上上昇しました。
素晴らしい結果です。



塾生のみんなにも話しましたが
やった子はみんな上がっています。

思うような結果がでなかったのは
やらなかった子とやれなかった子です。


勉強は平等です。



稲田でした


tokotenryu at 21:00|PermalinkComments(0)

小6 次の動きへ

IMG_0898IMG_0902
IMG_0903

昨日は小6の授業。
今週から次の動きの告知が始まっています。

小6は10月第一週で
小6定期テストが実施されます。


前回のテストでは
多くの生徒が優秀者として名前をつらね
全校舎1位も天竜校からでました。

夏が過ぎ
各校舎でも小6の人数が増えています。


しっかり今の順位をキープできるか
ここが勝負となってきます。

おって勉強会など
告知していきます。



稲田でした

tokotenryu at 17:00|PermalinkComments(0)

国語の力について  坂井




中1~中3の学調の結果、中間テストの結果が出ました。


数学担当の私としては、学校平均と比較すればそれなりの成果がでたと思っています。


それなりというのは、それなりです。桐光の他校舎と比べるとまだまだ満足できません。


さて、稲田先生も心配していたように国語の点数がとれないことは私も心配しています。


国語力がないと入試問題を解くことができないからです。(読んで理解することができない)


もちろん英語も苦労します。


私の考えになりますが、国語の力を伸ばすということはどういうことか、そしてどう対策するべきかを書いていきます。


国語力とは文章の内容を理解すること


当たり前の話ですが、文章の内容が理解できていなければ問題は解けません。では内容を理解するというのはどういうことか、それは語彙力の差が理解の差に繋がります。


例えば「未知」「無知」という言葉の違いをしっかり説明できる中学生はどれくらいいるでしょうか。


こういった微妙な言葉のニュアンスの違いが分からないことで想像力や理解力に差がでてくるのです。


大人が当然知っていると思う言葉も、子供は案外知りません。


語彙力をつけるには、王道ですが読書が大事です。


単に言葉の意味を覚えるというよりも、大事なのは言葉から想像することです。


物語になっているほうが、情景や使い方がよく分かるでしょう。


ただ、親がいくら「本を読め」と言っても傍でスマホをさわっていたり、動画を見ていては子供も読みません。


本当に子供に読書をさせたいと思うのであれば、大人も一緒に読む時間を作りましょう。


少し生意気なことを書いてしまいました。親でもない私が言うのはアレですが、これは私が実際に親から受けた教育でもあります。



福田校のブログでは書きにくいことだったので、この場を借りて書かせてもらいました。。笑


桐光で私がどうにかできることではないので、あくまでも参考にしてください。





tokotenryu at 12:00|PermalinkComments(0)

2017年09月21日

またやってしまいました


ずいぶん前のブログで


市野に買い物にいっちゃダメですね
天竜の子がたくさんいるので・・


といった記事を書いたのですが



市野・・・

そりゃ行っちゃいますよね
例のあの場所に。



そりゃやっぱり会っちゃいますよ
たくさんの生徒・保護者さまに。

別に会ってはいけないことはないのですが
ただ気恥ずかしいんですよね。


年会費けっこう高かったけど
私は当分いくことは無いかな・・




余談でした


稲田でした

tokotenryu at 21:00|PermalinkComments(0)

翔龍祭のあとに。(記代)

先週のことにはなりますが、
中学生のみなさん、翔龍祭お疲れ様でした。

私も見に行きましたが、
普段とはちがう姿、そして一生懸命に競技や応援に取り組むみんなの姿が見られて、
「行ってよかった!」と思っています。

すてきな経験をありがとう。


それから翔龍祭後に、
1年生がこんなことをぼそっとつぶやいていました。

「解団式で3年の先輩、悔しくて泣いてた。」

その先輩はどうやら応援合戦で1位をとることができなくて悔しかったようです。

1位はひとつの応援団しかもらえないものですが、
悔しさも含めてその経験はオンリーワン。

思い切り汗流して、思い切り涙も流して、
良い経験ができたんだなと感じました。

全力でやったからこそ、そういう経験につながったことはたしかです。


3年生は華龍祭もあるし、その先に受験もあります。

受験で「全力でやってきてよかった!」と
うれし涙を流せるように、今後も一緒に頑張っていきましょう。



tokotenryu at 17:00|PermalinkComments(0)

理科の点数

先日から報告しているテスト結果で
気付いている皆様も多いと思いますが

天竜校は多くの学年で
理科の点数がいいです。

私が担当しているからです。





自慢ですか



いえいえ
そういう話をしたいのではありません。

私の教え方はおいといて
やはり私が校舎長だからでしょう。

実際他校舎でも
校舎長の教科が一番という校舎が
かなり多いです。



誰が教えるか
その教える人と本人の関係性

それはとても大きいことがわかります。


そういう人間関係を築くことの重要性を
いつも痛感しています。


ただ勉強を機械的に教えていればいい
そういうものではないことが
この仕事の難しいところであり
面白いところでもあります。



IMG_0889

くわえて

理科がダントツいい点数
そんな子がいると
やっぱり嬉しくなってしまいます。

私も人の子です。



稲田でした

tokotenryu at 12:00|PermalinkComments(0)

2017年09月20日

いまどきのこども

いまどきのこども

こんな言葉を使ってしまうのも
老けたなあと感じつつも

「つめこみ・バブル」世代と
「ゆとり」世代の間に生まれた私としては
今の中学生にいろいろ感じます。




ここ数日
「子供も家で泣いています」
というメールが数件きました。
(勉強以外の内容も含めてです。)



泣く・・

私が中学生になって親の前で泣いたのは一度だけ
どうしようもない親子喧嘩の末でした。
親に相談をして涙をこぼすということは
正直ありえないなと感じてしまいます。


また
日々の送迎でも感じます。
自転車でいける範囲にある場所へ
親の車にのっていくなんてありえない
実はいつもそう感じています。




勘違いしないでください。
「甘ったれているな」と否定しているわけではありません。
親子の関係が本当に近いのだなと感心しているのです。
とかく中学生は狭い世界に閉じこもりがちになるので
身近な親と話をできることは本当にいいことです。



その延長で
私たち自身への接し方も同様の感想を抱きます。

中学校時代の私にとって
「センセイ」なんてものは敵でしかありませんでした。
(ギリギリ尾崎世代なもので)

話をきいてくれる。
話がちゃんと伝わる。

これは
幸せなことだなって感じます。

それに甘えず
しっかり伝わる話をしていきますね。



稲田でした





tokotenryu at 17:00|PermalinkComments(0)

テスト結果 中1

中1の中間テストは学校の平均点は
分かっていません。

現在分かっているところの
桐光生の平均点は

英語40.8点


理科42.7点


という成果がでています。


中学校のテストは
「中1の一学期のテストが一番良かった」
となる生徒はかなり多い。

そんな中でも今回の中間は
多くの生徒が点数をキープできました。

さらにいうと
前回簡単だった国語が
漢字の実力問題などが多く出題され大幅に難しくなり
みんなかなり点数を落としています。

ですから
それを補うように他の教科の点数は上がった
という子が多いのです。


中1の課題も国語ということになります。
この結果をふまえて対策していきます。


稲田でした

tokotenryu at 12:00|PermalinkComments(0)

2017年09月19日

テスト結果 中2

今回中2は学校の平均点がでていますので
現状点数が分かっている生徒での平均点からの
成果です。



数学・理科ともに
学校平均 +9.7点

英語
学校平均 +7.0点

社会
学校平均 +7.9点


理数教科で大きく結果がでています。
逆に国語は実力テストが中心だったため
悔しい結果になっています。

合計点を伸ばすためにも
国語の点数も絶対に伸ばしたい。
範囲のある期末テストは
しっかり対策していきます。



稲田でした


tokotenryu at 21:00|PermalinkComments(0)

テスト結果 中3

お待たせしました。
学調の結果が揃いましたので
お伝えします。

今回天竜中の点数分布がでています。
そこから計算した中学校の平均点と比較すると


理科
学校平均+7.9点

数学
学校平均+6.0点


社会
学校平均+5.5点


英語
学校平均+5.1点



という結果になりました。
国語は、というと
ここで誇るような結果はでていません。

この後にも書きますが
天竜校の課題は国語です。


定期テストは範囲もでて
対策がしやすくなるので
しっかり対策していきます。


稲田でした

tokotenryu at 17:00|PermalinkComments(0)